本日和ディスコ歌謡2作品初CD化発売!一言コメント書きました

 本日10/26 CLINK RECORDさんより発売!!

 

“外人カタコト歌謡”“民謡グルーヴ系和モノ”ファン待望、『ディスコお富さん』で知られるエボニー・ウェッブの2作品が初CD化!

 

こちらの一言コメント書かせて頂きました!!

 

 

和モノ・ディスコでは定番の『ディスコお富さん』。この曲収録の1st.もいいですが、個人的には民謡のファンク〜ディスコ化した2ndが特にお勧めです!

 

新作&再発和物MIX CD発売!!

 1日遅れました。9/1発売です!

 

※クリック拡大

*全曲視聴:

・SUPER和物BEAT其の6:

https://soundcloud.com/yoshizawadynamite-jp/japanese-groove-mix-cd-superbeat-vol6-short-edit

・SUPER和物BEAT其の1:

https://soundcloud.com/yo-1/superbeat1-short-edit

 

取り扱い店舗は下記まで(※他店舗も増えるかも知れません)。勿論こちらinfo@dynamite-jp.comからも購入できます(下記参照)。

【店舗 ※カフェバー、セレクトショップ含】

DISK UNION各店

珍屋 立川店   

BAOBAB(吉祥寺)

LOCALOOP(秋田)

CORNERSHOP(静岡)

BANANA RECORD大須 2F(名古屋)

ART ROCK NO.1 (京都)

FORTY FIVE(岡山)

GREEN HOUSE各店(岡山)

TICRO MARKET(福岡)

Record House WOODSTOCK(熊本)

【WEB】                  

mother moon music    

PERCEPTO MUSIC LAB

 

 

*************************【INFORMATION】*****************************
NEW! シリーズ新作「SUPER和物BEAT其の6」と「SUPER和物BEAT(其の1)」が再発!2016年9/1発売!!


NEW! DJ schedule(9/2付)はコチラにてご確認出来ます。
 
youtube 不定期開催の国産音源DJパーティー「GROOVY和物SUMMIT」Facebook  Twitter





*吉沢dynamite.jpとCHINTAMが監修執筆したDJ的視点のJapanese Groove Disc Guide

「和モノ A  to Z」¥2700 
大好評発売中!ご購入はAmazon 他、全国の書店にて。


* MIX CD直販価格にて発売中! ※送料無料(定型外、ゆうメールのみ)!
     
*左『SUPER和物BEAT Vol.5』¥1800(税込) 2011.6/11OUTLISTEN  ※在庫100枚程度
*右:『SUPER和物BEAT Vol.4』¥1800(税込) 2010.9/25 OUTLISTEN

 
*左:『SUPER和物BEAT Vol.3』¥1800(税込)2010.4/2 OUT♪LISTEN
*右:『Latin Exercise C&D』¥1700(税込) 2008.12/12 OUT♪LISTEN  THANKS! SOLD OUT
 
ご購入を希望される方は下記必要事項にご記入頂き info@dynamite-jp.com 迄ご連絡下さい。
*希望タイトル・枚数 :
*郵便番号 :
*住所(建物名):
*氏名(フリガナ) :
*電話番号(任意):
*お振込先銀行:
※振込先口座はゆうちょ銀行、りそな銀行、住信SBIのいずれかよりお選び下さい。

新作&再発和物MIX CD予定より早く到着!!

 お盆休みで遅れる予定が、当初の予定より早く新作&再発MIX CD到着!なんだよお盆とか関係なかったじゃん?お急ぎ追加料金払わなくても良かったかもしれないなぁ。

 

当初店舗は9/6発売を予定してましたが、9/1にしようかと思います。中身も夏な曲が多いので早いに越したことない。

 

近日中にSoundcloudに視聴UPし、一般発売よりまず先に個人通販をします。店舗は¥1800のところ個人通販は¥1600しかも送料込みで販売します!(※¥1500にしたかったんですがクロネコメール便廃止に伴い送料が倍くらいに上がってしまったのでお許しください。)

 

来週あたまくらいからかな?少々お待ちを!

 

 

*************************【INFORMATION】*****************************
NEW! シリーズ新作「SUPER和物BEAT其の6」と「SUPER和物BEAT(其の1)」が再発!2016年9月上旬発売予定!!


NEW! DJ schedule(8/9付)はコチラにてご確認出来ます。
 
youtube 不定期開催の国産音源DJパーティー「GROOVY和物SUMMIT」Facebook  Twitter





*吉沢dynamite.jpとCHINTAMが監修執筆したDJ的視点のJapanese Groove Disc Guide

「和モノ A  to Z」¥2700 
大好評発売中!ご購入はAmazon 他、全国の書店にて。


* MIX CD直販価格にて発売中! ※送料無料(定型外、ゆうメールのみ)!
     
*左『SUPER和物BEAT Vol.5』¥1800(税込) 2011.6/11OUTLISTEN  ※在庫100枚程度
*右:『SUPER和物BEAT Vol.4』¥1800(税込) 2010.9/25 OUTLISTEN

  
*左:『SUPER和物BEAT Vol.3』¥1800(税込)2010.4/2 OUT♪LISTEN
*右:『Latin Exercise C&D』¥1700(税込) 2008.12/12 OUT♪LISTEN  ※残り数枚
 
ご購入を希望される方は下記必要事項にご記入頂き info@dynamite-jp.com 迄ご連絡下さい。
*希望タイトル・枚数 :
*郵便番号 :
*住所(建物名):
*氏名(フリガナ) :
*電話番号(任意):
*お振込先銀行:
※振込先口座はゆうちょ銀行、りそな銀行のいずれかよりお選び下さい。

ビクター「和モノA to Z presents rare album collection Vol.02」非売品7inch到着!

 ビクターとの連動CD再発企画の第2弾「和モノA to Z presents rare album collection Vol.02」のノベルティ7inchが到着!!

詳細:http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/CL64506.html

 

・SIDE A: Alone in the Dark / アン・ルイス

ダンスクラシックの名曲”LAMONT DOZIER/Going Back To My Roots”のイントロを拝借したであろう山下達郎プロデュースの裏名曲。この曲から日本語の和モノを掘り下げっていったと言っても過言じゃありません。

 

・SIDE B: じょんがらレゲェ(津軽じょんがら節) / 見砂直照と東京キューバン・ボーイズ

アルバム中一際ドープな”レゲエ”というよりはジャズファンクな民謡カバー。

 

AB面毛色が違う選曲ですが、いずれも7inch.は存在しない貴重なノベルティーです。リマスタリングもしたので音圧もLPより太くなっております。特にB面はアルバムより確実にフロア対応音圧になりました。

 

また今回のアナログ7inchのプレス枚数は300枚と記してありますが応募数が達しなかったので受注発注にような感じで130枚程度らしいです。なので応募した方々は皆様当選かと思われますが希少ですので大切に使用or保管してください。

 

 

”水原明子/ラヴ・メッセージ”CD再発!一言コメント

 本日7/27発売!

 

 

ディスクガイド『和モノA to Z』にも掲載した”水原明子/ラヴ・メッセージ”がCLINK RECORD(芽瑠璃堂)よりCD再発にあたり、今回も一言コメントさせて頂きました!個人的にはアーバン・ブギー仕様になったM.Gaye"What's Going On"のカバーをDJプレイしてます。

 

担当者さんの情報によると、クリンク・レコードさんでは完パケ納品となったようです。初回限定生産盤らしいので物があるうちに買うことをお勧めします。

コメント書きました。

「和モノA to Z」掲載の水原明子(全曲洋楽カヴァー・アルバム)が7/27、CLINK RECORDSよりCD再発にあたりコメント書かせていただきました。

これは2007年頃、下北ユニオンで当時店員の佐野君に教えて貰って"What's going on"のカバーが入ってたから買った。¥800とかだった。

詳細:http://www.clinck.co.jp/dtl.php?ky=CRCD5127

本日3/23、和モノCD再発が2発リリース!

 まず1発目。

和モノA to Z 連動企画の第2弾。俺とCHINTAMくん監修によるビクター音源のCD再発とコンピレーション発売!
今回も紙ジャケ、そして帯付きのものは当時の仕様を再現しました。ちなみにCD盤面も当時のラベル仕様によるアナログ感を再現。

・見砂直照と東京キューバン・ボーイズ『メロディ・オブ・ジャパン Vol.1&2』
・無有『無有I』
・マイティー・サラダ・シンジケート『SOUL ON!』
・和モノA to Z presents『GROOVY和物SUMMIT ビクター編』

 
↑”見砂直照と東京キューバンボーイズはVol.1と2を纏めて1枚にして収録。※ジャケはVol.1のジャケを使用。

 
コンピはA to Zに掲載したビクター音源からのピックアップによる2枚組35曲。タイトルは「GROOVY和物SUMMIT」と、うちらのDJイベント名を銘打ったノリが良い曲中心でして基本的にはレア盤とか関係無しに選曲。グルーヴ・キープの為に曲間も0秒にしましたのでスムースに聴き流せると思います。そしてCHINTAMくんとの和モノについての対談も封入されております。


↑裏話ですが和モノ・レアグルーヴとして名高い”安田南/アイアンサイド”の収録にNGが出てしまったのが残念でしたが、、、。またオリジナル・ジャケでの7インチ再発も中々厳しいとの事。権利関係って大変ですな。昔はいい時代でした。

今回もCD封入の応募券を2枚集めると抽選で300名に当たる非売品7インチ・プレゼント企画も勿論あります。片面は初7インチ化!俺もCHINTAMくんも待望だった人気曲”アン・ルイス/ALONE IN THE DARK”。もう片面は後日発表しますが只今選考中。前回同様に音を太くする為のマスタリングも予定しております。

詳細はこちらでも http://www.cdjournal.com/main/news/misago-tadaaki--tokyo-cuban-boys/70821


 そして2発目!

近年の和モノ人気盤であり「和モノA to Z」掲載盤!と言うことでCLINK RECORDさんによるCD再発”沢田久美子/ LOVE ME OR LEAVE ME”。こちらの再発プロジェクトには直接絡んでませんが販促一言コメントを書かせて頂きました。ジャケのは白丸のステッカー部分です。

どちらもよろしくお願いします!
 

VICTOR音源CD再発(非売品7インチ) 本日発売!

先日もお伝えした”和モノA to Z”に掲載(1枚は未掲載)されたVICTOR音源のCD再発第1弾が2016年1/20本日発売となります!!

 

近年の新たな和モノ・シーンにてメキメキと人気が出てきてアナログが価格高騰している”シティポップな又はディスコ&ブギーな5枚”となります。CHINTAM君曰く来日したあのTUXEDOもDIMITRI(何と”和モノA to Z”も購入!)も和モノブギーを大量に買っていったと言う海外にも飛び火してるのがここらへんです。
しかも当時LPに付いていた帯やインナースリーヴも忠実に再現した紙ジャケット仕様。

 
  


 アナログに見えますがCDです。名盤”Loft Sessions Vol.1"のポスターのような封入物もミニチュア化CDで再現。

ところで今回CD再発なんですが基本アナログ派な自分にとって嬉しいのは、この再発CDの中の応募券2枚集めると抽選で300名に非売品7インチが当たるのだ!同じCDでもいいし、とにかく2枚買えば応募出来ます。300枚だから当たる確率は高いと思いますがどうでしょう?。 ※締切は3/31!当日消印有効。

しかもその収録曲内容に注目!!

初7インチ化の2曲をカップリングなんですが、1つはサザン・オールスターズの人気バラード”海”をミディアム・テンポのAOR的メロウ・アレンジで英語でカバーした”宮本典子/Umi(Suddenly Last Summer)”。この名曲の選出はCD購買欲に火を付けると思っておりましたので自分とCHINTAM君でもう一度ゴリ推した結果やっとOKが出たのであります!w 

そしてもう一つはCHERYL LYNN/Got To Be Realなスウェイ・ビートの”高村亜留/恋は最高(I'm In Love)”のカップリング!うちらはDJなんで折角なら”使える曲”が欲しいですからね。この7インチの為にこのプロジェクトを頑張ってると言っても過言ではございませんw 現在まだプレス前ですが音を太めにしたいのでアナログ用にリマスタリングする予定です。

CDユーザーの方は勿論、アナログ・ユーザーの方々も是非よろしくお願いします!!

商品詳細:http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discographylist/CL64506.html
7インチ応募詳細:http://jvcmusic.co.jp/wamono


追記:VICTORとのコラボ第2弾は再発に加えコンピも予定しております。



 

和モノA to Z 連動企画

1/20発売! 【和モノA to Z × ビクター音源CD化 第1弾】




まず第1弾は大人な事情により選んだ盤(パッショナータ)もあるのですが、最近の和モノ好き新参者に受けが良く価格高騰してるシティポップ、ブギー中心です。 特典としてCD2枚購入で抽選300名様に5タイトルの中から2曲抜粋した非売品7インチ・プレゼント!! 7インチのカップリングは高村亜留と宮本典子からが濃厚です。2016年1/11現時点では自分等もわかりません。 でもあの曲とあの曲ですよ!使える曲です。詳細はまた!

監修&執筆しました!DJ目線の和物ディスク・ガイド発売!!

 自分とCHINTAMが監修&執筆をしましたリットーミュージックより発売の和モノ・ディスクガイド『和モノA to Z』がとうとう4/24に発売となりました!!

究極のGROOVY和モノ事典、堂々完成!

DJが発掘/再発見し、プレイしてきた国産音源の数々──“和モノ”と呼ばれるそれらの作品を、網羅的に紹介するディスク・ガイドが満を持して登場。数々の和モノMIXで好事家を唸らせてきたDJ吉沢dynamite.jpと、レコード・ショップを通じて数々の和モノ音源を紹介してきたCHINTAMを中心に、DJの現場、レコード・ショップ、web等でその魅力を伝えてきた執筆陣がアナログ音源にこだわってセレクト。7インチ、12インチ、LPを合わせ、その数、実に1400枚オーバー。和モノ事典と呼ぶに相応しい1冊です。

【CONTENTS】
■執筆者
◎監修・選盤・執筆
DJ吉沢dynamite.jp、CHINTAM
◎選盤・執筆
金村章次、川西卓、駒木野稔、関口紘嗣、珍盤亭娯楽師匠、珍盤亭ジャズ太郎、やまのぼる

■取り扱いジャンル
歌謡グルーヴ、国産レア・グルーヴ、和ディスコ、和製ブギー、歌謡レゲエ、歌謡ラップ、各種珍盤、ほか



 執筆者は自分の和モノ・イベント「GROOVY和物SUMMIT」のDJsと自分の知り合い周辺のディガーで固めました。世の中和モノ・コレクターは沢山いますが、”DJをしている”和モノにも洋モノにも偏見ない耳を持った執筆者が欲しかったんです。要はDJが選んだ和モノ・ディスク・ガイドにしたかったんです。選盤基準も踊れる&心地よいグルーヴィーな曲を中心にアルバムに1曲しかいい曲が無くても掲載してるレコードもあります。これはDJの性ですねw 同じアルバムでもDJしてる人とそうでない人はピックアップする曲が違ったりするので偏った基準のレビューもある事をご理解ください。※その他の選盤基準は本書の”まえがき”を見てください。

さて、実は和モノ・ディスク・ガイドの話は7年くらい前に一度あったのですが、DJと言う立場上諸々ありましてお断りしてしまったんです。ディスク・ガイドって便利な反面、掲載されたレコードの価格が高騰してしまうので結構DJ泣かせなんです。それをDJが執筆とかするのって自分の首を絞めるようなもんで「どうなの?」とずっと思ってましたから。

しかし2000年代半ば頃からずっとゴリ推しで和モノの素晴らしさを伝えるべくDJプレイしてきたんですが、やはりクラブだったり現場に来る人なんてひと握りなんです。自分としてはもっと色んな人に(DJプレイとしての)和モノの良さを伝えたかったのと、今まで散々レコードを掘ってきた集大成として形に残るものが欲しかった。でも「どうなの?」って迷っていたところに今回共に監修者であるCHINTAM君の後押しもあって、このプロジェクトに参加しようと思った訳であります。

ところで昨今和モノ・ブームとか言われてますが、それは違うと思う。

 ここ日本において滑稽な話ですが、90年代までは現場で和モノをプレイすると店側に”うちは日本語ものダメだから”と言うような店もありました。 ”海外を真似てなんぼ?” ”海外と同等基準にしたい?” どういった解釈からそうなったのか不明ですが「日本語の曲がかかる=お洒落じゃない」と言う時代だったのかも知れません。でも今は日本語ラップも市民権を得てる時代、何でDJだけ洋物かぶれのまま止まってるの?と疑問が湧いてきたんです。日本人の一番いけないところである”海外音楽至上主義”ってやつですね。DJ Shadow&Cut Chemistの「Brainfreeze」だって立派な言葉繋ぎをしてる訳です。これって当然の事なんだけど皆母国語の曲を有意義にプレイしてるんですよ。だって本来曲に歌詞があるならばメッセージを伝えたい訳であって、ここ日本においてそれが英語だったりしたらリアルタイムで歌詞の内容を理解できてる人ってどれだけいるんでしょう?ただ誤解されたくないのは自分は洋楽も勿論好きだし海外の曲の方が正直クオリティが高い曲が多いと思っているのも事実です。でも和モノを掘って気づいたんです!”日本語曲=興味無し”の昔の自分に言いたい「知らないだけだよ!」と。これはブームとかそういう一過性のものではなく、国産音楽も洋楽と同等にプレイ出来る時代になったと言う事。”染み付いたDNAをリスペクトしなくてどうするの!?” ”日本人DJだからこそ説得力があるプレイってあるじゃん!?” と今は思えるようになりました。自分の耳が変わったんでしょうw

DJ論に随分と熱くなってしましましたが、話戻って本書について書きます。

今回、掲載盤が1400枚を超えるディスク・ガイドです。それって今まであったのでしょうか?少なくとも和モノでは無いと思います。しかもオール・カラー!ジャンルもかなり多岐に渡っております。個人的には和ボサも大好きなんですが、そう言ったリラックスした音楽はボトムが太くない限り今回は見送りました。例えば、和ボサ定番である「浅丘ルリ子/シャム猫を抱いて」を入れるか入れまいか悩みましたが今回は外した感じです。なんせ和モノと言っても全ジャンル、1冊に閉じ込めるのは不可能なので今回は踊れる音圧を重視した選盤(一部違うのもありますが)としたので60年代後半〜80年代後半のものがほとんどです。

選盤は基本的に自分とCHNTAMでほとんどピックアップしましたが、あまりの膨大な量に執筆時間が足りなくピックアップした盤を全て自分たちが執筆することが出来ませんでした。本当は自分でピックアップしたのは自分が責任もって全て書きたかったんですけど、、、。泣く泣く他の執筆者に振ってしまった盤も多数ある訳です。でもこの本を読む人は誰が執筆したなんて事より本トータルで見ますから、そこはOKなんだと自分に言い聞かせました。ですが代理で書いてくれた執筆者のレビューを見ると自分とは違った視点や表現、自分にはない情報だったりもあって結果としては良かったのかも知れません。この本は参加してくれた執筆者のチームワークで完成されたガイドブックだと言うことです!

自分は約1/3以上の500枚以上執筆したので正直かなり過酷でした。未熟なボキャブラリーですから同じ表現になったりを注意しながらの執筆でしたのでw でも非常に内容の濃い渾身の一冊になったと思います!皆さん立ち読みに留まらず是非購入して頂けたら幸いです。


■書店、大型レコード店ほか、Amazonでも購入できます。





 
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode