<< 和モノ A to Z presents GROOVY 和物SUMMIT 日本コロムビア編! | main | 「TALISMAN」再現ライヴ >>

「和モノ A to Z」ビクター音源初の7"化!

 ディスクガイド『和モノ A to Z』掲載盤のこちらはビクター音源より俺とCHINTAMセレクト&エディットによる7inch再発が12/19日3枚同時にリリース!

それに伴い昨日11/9より受注開始しました! 〆切は11/23日(※期間が短いのでご注意ください!)

 

< 以下、メーカー・インフォメーション >

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

高村亜留 - 恋は最高(I’m in love)     

 

・SIDE-A / 恋は最高 (Original Version)  

・SIDE-B / 恋は最高(DJ CHINTAM RE-EDIT)

 和モノA to Zプレゼンツ。スウェイ・ビート人気曲「恋は最高」がリエディットver.をカップリングに配し、シングル・カット! 

中古市場では万越えの人気盤、高村亜留のデビュー・アルバム『ARU FIRST』より、人気曲「恋は最高」が初オフィシャル・シングル・カット!CHERYL LYNN / GOT TO BE REALを彷彿とさせるスウェイビート曲で、和モノDJの間では人気のナンバー。初となるオフィシャル・シングル・カットです。さらにカップリングには『和モノAtoZ』監修・セレクター、DJ CHINTAM(BLOW UP)によるDJユースなリエディットver.を収録。

 

 

 

V.A.(松鶴家千とせ / FAD ) - チトセーズ・ディスコ / Singing Lady

・SIDE-A 松鶴家千とせ / チトセーズ・ディスコ (吉沢dynamite. jp Edit)  

・SIDE-B FAD / Singing Lady (吉沢dynamite. jp 7” Edit)

和モノA to Z プレゼンツ『GROOVY和物SUMMITビクター編』より、吉沢dynamite.jpセレクト&リエディット音源が7インチ・シングル化です!

「わかるかな?わかんねぇだろうな〜」でおなじみの松鶴家千とせがJB(?)ばりにシャウトしたファンキー和ディスコ「チトセーズディスコ」と山下透と橋本晋によるシンセ・ユニットFADのヴォコーダー入りスペイシー・ディスコ「Singing Lady」をカップリングしてシングル・カット!どちらもアルバムのみ収録の初のシングル化に際し、吉沢dynamite.jpによる原曲を活かしたDJユースなリエディットver.を収録。注目の一枚です。

 

 

■カンガルー - にがい涙 / Sunshine Bright On Me (CUB)  

        

・SIDE-A / にがい涙 

・SIDE-B / Sunshine Bright On Me (CUB)

和モノA to Z プレゼンツ『GROOVY和物SUMMITビクター編』より、DJ CHINTAM(BLOW UP)セレクト音源が7インチ・カット!

80年代に活躍した和製シャカタクの呼び声高い日本のフュージョン・グループ、カンガルーのアーカイブより、DJユースな2曲をカップリングしてシングル化。「苦い涙」は、4thアルバムに収録のフュージョン歌謡的なMellow Classicsです。カップリングの「Sunshine Bright On Me (CUB)」は女性ヴォーカル加入前のインストゥルメンタル曲。80’sテイスト溢れるスタイリッシュなナンバーです。無論、両面とも初のシングル化作品。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

エディットにあたり・・・

 

まず「高村亜留 / 恋は最高 」のCHINTAMエディットですが、オリジナルよりBPMが多少アップしております。実は”To Be Real”然りスウェイビートって大概BPM110以上なんですね。なのでオリジナルテンポだともたってるなと思ってたんです。なのでこのテンポアップはナイス選択です!カットインで繋げるようにブラスセクションからインするのも◎。 イチ押しです!

 

そして俺のエディットはカップリングとなります。

 

まず SIDE-A「松鶴家千とせ / チトセーズ・ディスコ 」は間奏のブレイクをイントロに持ってきて尺を延ばしエディット。間奏のブレイクもさらに延ばしてパーカス類を少々付け足しました。また持ちギャグである「わかるかなぁ〜」の声ネタを新たにサンプリングして挿入w 我ながらこのエディットはオリジナルより出来が良いと思っております!

 

続いてSIDE-Bは国産ながら「HERBIE HANCOCK / I Thought It Was You」を彷彿させる「FAD / Singing Lady」。オリジナルはいきなりビートに乗って喋りから始まるのでもう少し繋ぎ易いようにイントロを付け足しました。そしてワンコーラス後に転調するギターソロ部分も7"仕様にするには長尺だったのでカットしてフュージョンぽさを軽減。元々フェードアウトだったアウトロも繋ぎ易いようにループしました。ちなみに配信にはギターソロ部分をカットしてないLong Ver.を予定しております。

 

以上、全てアナログ用に調整してマスタリングしてるのでアルバムverより確実に音も太くクリアになってると思います。本当ここ大事で最近の再発でガッカリすること多いので。

 

〆切期間が短いのと受注生産につき余分にプレスしないので是非この機会をお見逃しなく! 

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode