<< CHICANO BATMAN | main | GROOVY和物SUMMIT打ち上げ >>

ギターマガジンの歌謡曲特集に寄稿しました。

 今月発売のギターマガジンから何故か寄稿依頼がありました。

 

ディスクガイド『和モノA to Z』でもお世話になった同じリットーミュージックさんだったのもあり。

 

「恋する歌謡曲」と銘打った”歌謡曲とギター”をテーマにした何と104ページの総力特集!ギターマガジンとしては初の試みなんですかね?画期的な企画ですね。

 

まだ軽く目を通したぐらいだけどかなり興味深い内容。わかりやすく簡単に目次だけ一部抜粋すると。

 

*野口五郎 × Char スペシャル・トークセッション

 

*歌謡スターとギタリストたちの物語

・山口百恵のロック・サウンドを具現化した巨人、矢島賢の功績。

・キャンディーズ・サウンドにこの男あり!70's歌謡曲のもう一人の才人、水谷公生。

・沢田研二のロック・イズムと井上尭之のケミストリー。

・西城秀樹が熱烈ラブ・コールを送った芳野藤丸のバランス感覚。

・松田聖子、寺尾聡、etc...。80年代、松原正樹 × 今剛の2大巨頭時代が到来!

・孤高の天才、大村憲司が歌謡曲/ニューミュージックに残した作品たち。

・荒井由実のギターは鈴木茂じゃないとダメだった。

 

*水谷公生、鈴木茂、小室哲哉 スペシャル・インタビュー

 

など。かなりの大御所の方々が。面白そうでしょ?w その他、”歌謡曲ギター・スコアブック”とかギターマガジンぽいのも勿論あります。

 

さて俺はと言いますと、その中の「ギタリストが選ぶ”ギターがカッコいい”歌謡曲名選」と言うコーナーの中で一人DJとして番外編で参加しました。 原稿締切りあたり体調不良とミックスCD制作の締切りもあり当初10枚程書こうと思ってたが難しく結局5枚のピックアップになってしまいましたが。

 

俺が和モノにハマるきっかけの一つでもあるんだけど、歌謡曲って子どもの頃は歌しか聴いてなかったけど大人になって音楽的に詳しくなるとバックの演奏がカッコ良かったり新たな発見に気づくこと多々あるんだよね。そういうのはこういう一流ミュージシャンの功績が大きいんだろうなぁと改めて思います。

 

読むの楽しみ。是非読んでみて下さい!!!

 

PS: 担当者さんによると、好評につきAmazonは売り切れとのこと。ギターマガジン・ユーザー以外も手が出る内容ですね。普通の人でも全然楽しめます。

 

 

 

 

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode