<< 明後日、盛岡行きます! | main | 明後日より高知・徳島・愛媛に行く〜〜〜!! >>

濃厚!モリオカ和モノパラダイス&ディグ&飯 レポ 

  先週末12/17は盛岡へ行きました。

 

2年振りの『モリオカ和モノパラダイス』(以下:和モパラ)です。

 

またもやレコ選曲で2時間しか寝れないまま盛岡到着。主催者でありDJの佐々木さんと阿部さんがお出迎え。早速昼飯に連れて行ってもらいました。

 

 

場所は『俺のじゃじゃ』と言う、盛岡三大麺の一つじゃじゃ麺のお店。実はじゃじゃ麺は初。写真のように丁寧に食べ方が書いてありそのようにして食べました。しかし酢を入れすぎたようで初めて食べたのもあり本当の味が正直わかりませんでした。ただ味の要である味噌ダレ(真ん中のウンコみたいなやつ)のみ食べたら美味かった。この味噌をもっと沢山入れたら俺好みになったかもなぁ。そして食べ終えた皿に生卵を入れてそこにスープを入れてもらう(チータンと呼ぶ)食べ方でしめると言う食い方だった。ちなみにこのスープ美味かった。

 

さて腹ごしらえした後は早速ディグへ。今回はとある新たな漁場へ特別に案内してもらいました(ディスクガイド出しといて良かったなぁ待遇です)。しかしリミットは外が暗くなるまでの3時間。膨大な数を見る事は不可能なので有線落ちの和モノ7インチ中心にターゲットを絞った。しっかし北国は寒く、冷え切ったジャケで手が悴みながらのディグでしたが内容知らない盤がわんさか。特にアイドル。

 

 

価格は良心的な1枚¥200×36枚でしたが6枚分はおまけしてくれました。昨今の和モノブームにより人気盤は更に高騰。そんななか探せばまだ安く買える最後の砦80後半プロモ中心のバブリー歌謡系が充実。視聴は出来ないので外しもありましたがストック用は数枚程度で結構良いディグが出来ました。

 

ご当地バンド自主盤。コメントに赤字で「 ※たくさんかける事!!」と書いてあるのが良いw  完璧にタイトル&ジャケ買いですがA面はシンセベースも効いた、どう聴いても”大沢誉志幸/そして僕は途方に暮れる”にそっくりなバレアリック感がある曲で最高ではないけど予想に反して良かったです。

 

これはタイトルと歌詞、ババァの顔と快晴の青空のナイスジャケにそそられ買ったが見事に外した。単なるムード歌謡でした。

 

そしてナイス落書きジャケ発見!ボールペンやマジックで頭の悪そうなガキが汚く書いたのは沢山あるんですが、ここまで気合の入ったのは珍しい!ある方の指摘で気づきましたが、虫歯で泣いている五木ひろし又は作者本人?が表現された渾身の落書きです。白いのは虫歯菌なのでしょうか?こんなのに遭遇するのもディグの楽しみ。と、ここまで熱弁しときながら購入してないけどw

 

良いディグが出来た後は一旦ホテルに戻りその後会場の@Cratesにてサウンドチェック。DJsと他に青森より東北No.1ディガーとして知る人ぞ知るELLE DRIVER&SEIJIRO君の山崎兄弟ほか皆さんも合流しての親睦飲み会へ。

 

 

こちらは昭和な雰囲気の飲み屋街の一画にある老舗らしいノスタルジックな佇まいの居酒屋『中津川』。こういう所で飲む酒は特別美味くなくても美味く感じてしまうもの。お洒落カフェやレストランの雰囲気を楽しむのとは逆行してるが実は”雰囲気に浸りたい”というアミューズメントパーク的発想という点においては同類なのかも知れない。誤解ないように書くと、刺身やら色々美味かったです。昭和な曲がかかるパーティーの前祝いは昭和な居酒屋がピッタリ!和モノ・イベントらしい粋なアテンドですw

 

さてイベント。今回は”BIG-RE-MAN”と言う地元のラップグループのライヴも入りました。このイベントの為に和ネタを仕込んできたようで、笠井紀美子/ヴァイブレーションのネタでライヴをやってました。MCも面白く客をいじるのも上手いナイスガイなライヴでした。

 

彼らのライヴ後、自分との交代際にリハなしのぶっつけフリースタイル・セッションしました。お題的なトラックは幾つか決めていたので桜田淳子のレアグルーヴ”わたしの広告”ネタにサンプラーでフィンガー・ドラミングを被せてのセッション。ぶっつけにしては良かったのでは?

 

そんなお遊びを挟んで90分程DJしました。前回やってない起爆剤としてのルーティンは幾つかやりましたが、新作ミックスの曲は盛岡でもほぼ回しませんでした。リリース・ツアーと謳っておいてまずいなぁ、、、w 定番含め盛り上がりそうな曲を多めで行きましたが、お客さんにDJも沢山いたのでもっとマイナーなのも含めてプレイしても良かったかな?と少々後悔しましたが、盛り上がったしこれはこれで良しとしよう。

 

イベント終了間際は有志でバックトゥバック。この頃は酩酊で何をかけたかまではうる覚え、、、。とにかくいいパーティーだったのは間違いなく楽しい時間はあっと言う間だった。3時終了予定が4時を過ぎてたと思います。青森、秋田、宮城から来てくれたお客さんもいて本当ありがとうございます!

 

 

BIG-RE-MANから頂いた10"。そして終了後皆さんと記念撮影。

 

気づいたのは全体の流れを含め和モパラDJsのクオリティが前回より上がってるなと感じた事。そして若い女性DJがいるっていいなと思いました。やらしい意味でもそうじゃなくても場の雰囲気が良くなるんだよね。やっぱりGROOVY和物SUMMITも女性DJ入れたいね〜誰かいい女性いないかね?いたら教えて下さい。

 

イベント後はアフターで皆さんと朝6時まで中華屋で打ち上げしました。この頃はもう酒もあまり進まずいい感じで酔っており、話した内容で覚えてるのは隣に座った大学生の女の子に河合奈保子の良さをずっと話してた事w 昔は全然ファンでも無かったのに今見るとあの肉付きの良さがセクシーでグッとくるのだ!と。この話題、阿部さんとも共感出来た事により河合奈保子はオヤジ転がしだったのかも?と判明w

 

 

明けて東京戻り日。ちょい酒が残りながらのホテル・チャックアウト後に昼飯へ。

 

 

こちらは盛岡冷麺発祥のお店『食道園』。こりゃ美味い!イベント後の冷麺はスッと食えていいですね〜。でも先月末の福岡で食った辛辛つけ麺の食後の激腹痛のトラウマもあり辛さは控えめにしました。

 

その後は街中のレコード屋に行ったのですが、ここは地方の割にはかなり強気な値段設定ですなぁ。良いのはあるんですが平均して高かったのと、どうしても欲しい盤は無かったので購入はしませんでした。ここに限った事ではないですが、最近は地方でもヤフオクの落札相場で値段設定されてる店が多いですね〜。ヤフオクの落札価格はあくまでもオークション。都内の某チェーン・レコ屋の方がもっと全然安く売ってますよー!地方ディグでの醍醐味を味わわせて下さいませ〜!一般客は更に足が遠のいてしまいます。

 

と言うことで今回の盛岡、延泊もせず短期間でしたが前回にも増して非常に中身が濃かったです。これも完璧なアテンドをして下さった佐々木さん、阿部さんにまず感謝致します!あと和モパラの結束力はこの先輩方が素晴らしいからだなと思わされました。そして出演者やお店のスタッフ、来て頂いたお客さん本当にありがとうございます!

 

それと最後に。自分を介してと言いますか、東北近県の和モノDJsの繋がりが出来てた事がとても嬉しかったです!皆さん今後も更に東北を盛り上げて下さいませ!そんでまた是非声かけて下さいねー!!

 

 

 

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode