<< WA-YO NOMIKAI!和洋飲み会!後記 | main | ユッケ天国へ旅立つ 〜看取るまで〜 >>

心臓病末期のユッケ

  12歳と8ヶ月になるかけがえのないパートナーである愛犬ユッケ(チワワ♂)。

現在心臓病の末期である。今年の2月頃から薬が増え始め今はマックス朝9錠夜7錠。それもいずれ効かなくなる時が来てます。GW5/5に高知から帰って来ると容態は悪くなっており一日中寝たきりの状態が続いてます。その3日前はベットに上れる位(やっとだが)だったのに。。。

進行はと言うか衰弱は早く、10日経過した昨夜からとうとう立てなくなりかなり痩せこけてしまいました。とてもショック。いずれ来ると思っててもショックです。。。

今朝より自力で食せない位になってしまったので薬も水もサプリも全て半ば強引に与え本格的に介護をする事となった。不思議と傍に居てあげたい方の気持ちの方が上回りそれも全くおっくうではない。自分はユッケに沢山を愛を与えたしそれ以上に愛を元気を与えてくれ、ずっと自分の傍に寄り添ってくれたかけがえの無いパートナーなのだから。

最近はユッケの夢を見る。朝起きると息をしているか?と確認する日々。元気だったあの頃を思い出すと自然と涙腺が緩む毎日。。。こんなにも自然と涙が出る経験をした事がない。

毎日寝床も共にしトイレ迄付いて来るような犬だったお前がもう長くないのは看ていてわかる。息絶える迄ずっと出来る限り傍にいるからなユッケ!お迎えが来る迄もう少しの辛抱。お前は「待て」が出来る良い子だったから先に逝って待っててくれ愛するユッケ!



本日2013年5月16日現在のユッケ↓これは声をかけた時に目を開けた瞬間。普段は寝てる。身体も痩せこけ毛並みも良くなくなってる。


コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode